代表について

濱崎税理士事務所 代表 濱崎 幸将

hamasaki_pic

福岡生まれ。幼少期から大阪で育ちました。

両親は飲食店を経営しており、いわゆる商売人の家庭で育ちました。
そういう環境からか経営というものに強く興味を持ち大学は経営学部を専攻しました。

しかし2年が経ち経営学の授業を受けていても実践的ではない内容などで期待と違ったこともあり あまり大学へ行くことの意義を感じなくなってきていました。

そんな時に知ったのがワーキングホリデー制度。
大学を中退し、アルバイトで1年間渡航費を貯めオーストラリアへ。
1年間働きながらオーストラリアを一周、その後東南アジアを放浪の旅。
当初は英語を全く話せなかったです。

しかし、そのおかげでコミュニケーション能力がついたかなと思います(笑)
これらの経験から学んだことは人との出会いの大切さ。行動を起こすことの重要性。
そして行動から結果を出し、そこから得られる自信。
これらの経験がなければ今の自分はないのだろうと思います

そして帰国後、自分の力で生きていく手段として選んだのが税理士の資格取得。

なぜ税理士なのか・・・

税理士は経営に欠かせない税務、会計のプロフェッショナルであり
両親をはじめ商売をしている人が身近にいる環境だったので、彼らの力になりたい!
という気持ちがあったからです。

私の両親も昔から税理士さんにお願いしていました。
しかし報酬ばかり高く、税理士さんが顔を出すのは年に1回だけ…
大したアドバイスもなかったようです。
商売人や経営者の多くは日々の本業に追われて、
経理その他の雑務などはあまり手が回らないという人が多いと思います。
ほかにも健康保険、年金、税金関係、将来の老後に備えた貯蓄など…
考えないといけないことがたくさんあります。
経営者は孤独です。
父も一人でよく悩んでいたのでしょう。

どうしたらいいんだろう…。
そういうときにいつでも気軽になんでも相談できる存在。
お客様にいつでも頼ってもらえるような税理士になりたい!と強く思うようになりました。
そういう強い思いが勉強のモチベーションの維持につながったのかなと思います。

税理士事務所で正社員として勤務しながらなんとか6年で税理士試験に合格することができました。
上記の文章に私の20代のほとんどがつまっています(笑) そして30歳で税理士事務所を開業。
今に至ります。
こんな珍しいタイプの税理士ですが、興味をもっていただければうれしく思います。

お客様との「出会い」を楽しみにしております。よろしくお願いいたします

Copyright(c) 2014 濱崎税理士事務所 All Rights Reserved.
Top